データコンバート価格表

TOP
データコンバートについて
データコンバート価格表
コンバートに関する重要なお知らせ03以前のバージョンからのコンバートのご注文は納品までお日にちを頂きますのでご了承ください。 コンバートに関するご質問はお気軽に0120-841-244までお問い合わせください。

弥生会計・弥生販売のデータ移行(データコンバート)にかかる価格(費用)は以下をご参考ください。※表示価格はすべて税抜価格です。お支払時に別途消費税がかかります。

データお預かりのみの場合(訪問作業なし)

弥生会計18へのデータコンバート

■ご使用の弥生会計のバージョンによって、コンバート価格が変わります。下表をご参考下さい。
 (1データファイル 3期分のみ) 
 >> データファイルが増えた場合の加算料金はこちらから

ご利用の
弥生会計のバージョン
移行先
(18スタンドアロン)
移行先
(18 2ユーザー・
ネットワーク)
2000~03 70,000円 80,000円
04~06 60,000円 70,000円
07・08 50,000円 60,000円
09・10 40,000円 50,000円
11~17 30,000円 40,000円

 

コンバートは下記の手順で行います。ご参考ください。

ご利用の
弥生会計のバージョン
コンバートの方法 コンバート回数
2000~03 2000~03  06  08  10  17  18 5段階
04~06 04~06  08  10  17  18 4段階
07・08 07・08  10  17  18 3段階
09・10 09・10  17  18 2段階

> データコンバートについて詳しくはこちらから

弥生販売18へのデータコンバート

■ご使用の弥生販売のバージョンによって、コンバート価格が変わります。下表をご参考下さい。
 (1事業所データのみ) 
 >> 事業所データファイルが増えた場合の加算料金はこちらから

ご利用の
弥生販売のVer
移行先
(18スタンドアロン)
移行先
(18 2ユーザー・
ネットワーク)
2000・2001 90,000円 100,000円
02・03 90,000円 100,000円
04・05 80,000円 90,000円
06・07 70,000円 80,000円
08・09 60,000円 70,000円
10 50,000円 60,000円
11~17 40,000円 50,000円

 

コンバートは下記の手順で行います。ご参考ください。

ご利用の
弥生販売のVer
コンバートの方法 コンバート
回数
2000・2001 2000・2001  03  05  07  09  10  17  18 7段階
02・03 02・03  05  07  09  10  17  18 6段階
04・05 04・05  07  09  10  17  18 5段階
06・07 06・07  09  10  17  18 4段階
08・09 08・09  10  17  18 3段階
10 10  17  18 2段階
11~17 11~17  18 1段階

> データコンバートについて詳しくはこちらから

データファイルが増えた場合の加算料金について

【弥生会計】
追加データの納期が同じ場合・・・データファイルが増えるごとに20,000円加算
追加データの納期を1か月いただける場合・・・データファイルが増えるごとに10,000円加算。

 

【弥生販売】
追加データの納期が同じ場合・・・事業所データファイルが増えるごとに上記価格の80%加算
追加データの納期を1か月いただける場合・・・データファイルが増えるごとに50%加算

 

上記以外に、追加データが5種類以上ある場合や、もっと納期をいただける場合などはご相談承ります。お気軽にお問い合わせください。

安心の低価格でデータ移行を承ります

お客様に必要な最低限のステップでデータ移行できるよう、ご相談を承ります。お客様ご自身でできる内容と、できないものを分かりやすくご説明いたしますので、安心してお任せ下さい。

他社製品からのデータコンバートも承ります

他社製品から弥生会計・弥生販売へのデータ移行(コンバート)も承っております。
(大番頭・大富豪など)別途お問い合わせくださいませ。

帳票レイアウタのコンバートが必要な場合

プラス 10,000円 の料金が発生します。

※複数のPCで異種の帳票レイアウタを使用している場合、事前に1つのバックアップファイルにまとめて頂きます。
※帳票レイアウタファイル(11形式以前のファイル)は、弥生のバックアップには含まれません。クライアントの各PCに保存されていますので、撤去前には、必ず各PCのレイアウトファイルをバックアップしておいて下さい。
帳票レイアウタデータのコンバート実施後は、お客様にて、得意先台帳の再設定が必要になる場合があります。ご了承ください。

コンバートエラーが生じた場合

データをコンバート中に、何らかの理由でエラーが生じることがあります。 エラーが生じ、
継続不可となった場合は、基本料として 5,000円の申し受けます。

また、コンバートエラーが生じた場合に、マスタデータのみの移行を要求される場合は、
100,000円にて対応させて頂きます。
(但し、弥生システムにてエクスポート・インポート処理できるマスタに限ります。)

※データ返却は着払いになります。

 > コンバート実施におけるエラー発生について

データの復旧作業が必要な場合(訪問作業)

ケースメソッドでは、基本的にデータのやりとりのみでコンバート作業は完了します。
コンバートしたデータは、お客さまご自身でパソコンに戻していただく必要があります。(データの復旧) データの復旧がご不安な場合は、20,000円で訪問作業にお伺いいたします。 (ただし、インストールができていることが前提となります。)

事前にご確認頂く内容

①SQLServerが必要なシステム(弥生販売・弥生会計2ユーザ以上およびネットワーク版)では、インストール先にすでに SQLServerが入っている場合は、共存して動作可能かを事前に弥生株式会社にご確認下さい。

②弥生会計では平成19、24年の減価償却改正に対応しております。法令改正の影響等は事前に弥生株式会社のご確認ください。

③弥生販売においては、06以前をお使いの場合は請求先コード(請求書の送付先を別の得意先コードに設定する時に使用するコード)の考え方が07以降ではかわります。自社の作業に影響ないかどうかを事前に弥生株式会社にご確認ください。

④現在使用の専用用紙が使えるかどうかを必ず弥生に確認して下さい。

①~④の内容はしっかり確認して下さい

作成日 2013.10.18
改訂日 2015.05.22

データコンバートに困ったらまずはお問い合わせください 0120-841-244

お問い合わせフォームはこちら

このページの上部へ